竹厚 桂子 / Bamboo-K

1997年に渡米。マサチューセッツ州立大学ボストン校に編入後、絵画、版画、陶芸、写真などアート全般を学ぶ。2000年に卒業。

帰国後、働きながら再び大学へ(武蔵野美術大学通信教育課程)。2007年に卒業。2012年より作品を発表。
同年にすがぽん流マイム
("すがぽん"こと須賀令奈氏 Performance Theater水と油 メンバー)に入門。身体表現も始める。

また2017年よりコンテンポラリーダンスも始める。2018年からパフォーマー名「Bamboo-K」として活動。

絵画

2012年「Christmas Art Gift展」(art lab noct, 東京)

2013年「5月の展覧会」(千駄木空間、東京)

2015年「VOICE of NATURE」(CRS Gallery、NY)

2016年「クリエイティブ表現の現在」(RECTO VERSO GALLERY、東京)

2017年「竹厚桂子 個展」(五反田の家、東京)

インスタレーション

2020年「トロールの森2020」(善福寺公園、東京)

パフォーマンス

2014年3月から毎月一回開催されている「和室の会」にほぼ毎月出演。(現在はコロナウィルスのため休会。)

2017年「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017 ~不思議の森の大夜会~」(ウサギのパフォーマー)

2019年「和室の会 劇場公演」/「イデビアン・クルー:幻想振動」(エキストラ・クルー 東京芸術劇場)

2020年トロールの森2020」(パントマイム)(善福寺公園、東京)

Keiko Takeko / Bamboo-K

1997 went to the United States

2000 graduated from the University of Massachusetts, Boston

2007 graduated from Musashino Art University (correspondence education)

2012 started to learn pantomime under a popular pantomimer, Sugapon

(Mr. Reina Suga, member of Performance Theater Mizuto Abura)

2017 started to learn contemporary dance

2018 changed the performer name to "Bamboo-K"

Activity

2012 “Christmas Art Gift exhibition” (group exhibition at art lab noct, Tokyo)

2013 “Exhibition in May” (joint exhibition at Sendagi-Kukan, Tokyo)

2015 "Voice of Nature" (first solo exhibition at CRS Gallery in NY, USA)

2016 "Graphic Art Exhibition" (group exhibition at Recto Verso Gallery, Tokyo)

​2017 "Keiko Takeko Solo Exhibition" (at Gotanda No Ie, Tokyo)

2017 "Yokohama Paratorienale, The Evening Party in Wonder Forest" (as a Rabbit performer)

2019 "Wasitu no Kai Theater Show" (pantomime, at Akasaka Chance Theater, Tokyo)

2019 "Gensou Shindou"  by idevian crew (as an extra crew, at Tokyo Metropolitan Theater)
2020 "Troll in the Park 2020" (installation & pantomime in Zenpukuji Park, Tokyo)