竹厚 桂子 / Bamboo-K

1997年に渡米。マサチューセッツ州立大学ボストン校に編入後、絵画、版画、陶芸、写真などアート全般を学び始める。

2000年の卒業後、日本に帰国。浮世絵の画廊に勤めるかたわら武蔵野美術大学の通信教育課程にて自分の抽象絵画表現の模索を続ける。

2012年より作品を出展。(「Christmas Art Gift展」 art lab noct, 東京)

2013年、友人との二人展。(「5月の展覧会」 千駄木空間、東京)

2015年6月、米国にて初の個展。(「自然の声」 CRS Gallery、NY)

2016年5月、グループ展に参加。(「クリエイティブ表現の現在」 RECTO VERSO GALLERY、東京)

2017年11月、五反田の古民家にて個展。(「竹厚桂子 個展」 五反田の家、東京)

また 2012年より、すがぽん流マイムクラス ("すがぽん"こと須賀令奈氏 Performance Theater水と油 メンバー)に通い始める。

2014年3月から毎月一回開催されている「和室の会」にほぼ毎月出演。自作のパントマイム作品を披露している。

2017年よりダンスを始め、「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017 ~不思議の森の大夜会~」にてウサギのパフォーマーとして出演。

2018年2月より「Bamboo-K」として活動中。

Keiko Takeko / Bamboo-K

Keiko Takeko came to the United States in 1997 and to study art at the University of Massachusetts in Boston. After graduation in 2000, she returned to Japan and worked at Ukiyo-e gallery. While working, she kept learning art, especially abstract painting, at Musashino Art University (correspondence education).

2012 - “Christmas Art Gift exhibition” (group exhibition at art lab noct, Tokyo)

2013 - “Exhibition in May” (joint exhibition with her friend at Sendagi-Kukan, Tokyo)

2015 - "Voice of Nature" (first solo exhibition at CRS Gallery in NY, USA)

2016 - "Graphic Art Exhibition" (group exhibition at Recto Verso Gallery, Tokyo)

​2017 - "Keiko Takeko Solo Exhibition" (at Gotanda No Ie, Tokyo)

She also began to learn pantomime under a popular pantomimer, Sugapon (Mr. Reina Suga, member of Performance Theater Mizuto Abura), from 2012.

She currently performs once a month as part of the class performance series called “Wasitu no Kai”.

 

Copyright © 2015-2020 Keiko Takeko All Rights Reserved.